松坂徹憲

バディスポーツ幼児園センター南校(旧名:横浜校)
第7期卒園児 保護者

職業:会社経営

中学、高校東京都ジュニアレーシングチーム所属
東京都スキー連盟アルペン委員会に大会運営、ジュニアコーチ、全日本スキー連盟マスターズ委員会に所属していました。
神奈川県スキー連盟に移籍、強化委員会に所属、ジュニアコーチをしていました。
現在、ski活動はしていません。
コーチ歴は30年位です。

資格
SAJ公認A級セッター
SAJ公認準指導員
SAJ公認旗門審判委員
日本体育協会公認C級コーチ
カナダスキー連盟公認インストラクター

バディスキークラブを推薦します

BURST-YOKOHAMA(BUDDY RACING SKI TEAM YOKOHAMA)

アルペンスキーの楽しさは、スキー板をコントロールして様々なターンをしてピステを滑り降りることです。

個人差はありますが、スキー板をターンさせる技術は1シーズンもあれば習得できると思います。
リフトに乗り自力でゲレンデを滑り降りることも可能です。

この時点で十分スキーは楽しめると思いますが、スキー板のターン弧を大きく、小さく、深く、浅く等スキー板のコントロールは難しいと思います。

BURST-YOKOHAMAではスキーのターンコントロールに必要な基本練習と合わせて、ポール練習より様々なターンコントロールができるように指導を行っています。

基本練習ではターンコントロールに必要な動きを基礎から行い、ポール練習では大きく、小さく、深く、浅く等のターン弧を規制して行います。

ゲレンデスキーではターンを失敗してもごまかしてターンをつなぐことができますが、ポール練習では正確な動きをしないとターンをつなげることができません。

近年、基本トレーニングとポールトレーニングをバランスよく組み合わせることでスキー技術が向上し、BURST-YOKOHAMAは公認大会で数々の成績を残しています。

BURST-YOKOHAMAは子供を対象としたスキートレーニングを本格的に行っているスキーチームです。
将来このチームから、日本代表選手が育ってくれることを願います。

松坂徹憲