大自然での非日常体験は、豊かな感性を育み、
子どもの可能性を大きく広げます。

バディでは全員参加の実習と、自由参加の体験キャンプを実施しています。 今回紹介するのは体験キャンプシリーズの一つの乗馬体験キャンプです。

 6:3:1の法則から、スポーツ教育6割、先取り教育3割、本人の趣味趣向に合わせた活動1割実施しており、体験キャンプシリーズは6:3:1の1に入ります。

 乗馬体験は菅平プリンスホテル乗馬クラブにて行っています。 ホースセラピーなどの言葉もあるように、人にとって動物と触れ合う事で様々な効果があると言われています。間近で大きなお馬さんをみて、触って、乗ってみることで緊張したり、楽しんだり、ほっとしたり。高いところが苦手だったり、動物を怖がっていた子どもがそれを克服できることもあります。

 何よりも、非日常体験は子どもたちの感性を豊かにし、思いがけない発想をも育てます。子ども達のキラキラした目の奥にはきっと将来大きくなる何かの種が作られる事でしょう。

 また、牛舎ではなく、大きな牧場にいる牛は寝そべっていたり走ったり。そんな光景を目の当たりにするたびに沸く子どもたちから湧き上がる歓声。そのたびに子どもたちの中に何かが起こっているのだと思います。

大自然での非日常体験は、豊かな感性を育み、子どもの可能性を大きく広げることは間違いありません。

精神的な影響

  • 馬に乗っているときは、乗り手と馬の一対一の空間に。他のことを忘れて集中できます
  • 馬上では目線が高くなり、爽快感を味わえます
  • 馬は生き物。平均37.5度の高めの体温で、触れるとリラックスできます
  • 馬の表情やしぐさで感情や状態を読み取るうちに、注意力や繊細な感受性が身に付きます

身体的な影響

  • 全身の筋力の強化
  • 下半身(足腰)の筋肉をよく使い、股関節が柔軟になります
  • 無意識に馬の動きに体を合わせるので、平衡感覚やリズム感が養われます
  • 馬にまたがるだけでも、バランスを取る必要があるため、体幹が鍛えられます

※その他のバディ体験キャンプシリーズ
・マリンプログラム体験キャンプ:初島でのシュノーケリングやクルージングなどを体験するキャンプです。
・ドルフィントレーナー体験キャンプ:伊東でイルカのトレーナーを体験するキャンプ。イルカと一緒に泳げるコースもあります。

最初は緊張したけど、みなさんが優しく教えてくれたので大丈夫でした。

ポニーさんたちとも仲良くなったよ。

ヤギさん発見!

2日目もお馬さんに乗せてもらいました。昨日よりも上手に乗れたかな?

今日は、菅平牧場にも行きました。
大きな牛さんとヒツジさん、ウサギさんもいました。
2日間、楽しく過ごしました。
またいきたいね。