認定こども園とは?

認定こども園とは?種類やメリット・注意点について解説

「認定こども園って何?」「保育園や幼稚園と何が違うの?」と疑問に思われている方もいるのではないでしょうか。認定こども園は、保育園と幼稚園の特徴をあわせ持つ施設です。

そこで今回は、認定こども園の特徴や種類、メリット・注意点についてご紹介します。認定こども園の利用を検討されている方は、ぜひご参考になさってください。

認定こども園とは

認定こども園は0歳から小学校入学前までのお子さんを預かり、保育と教育の両立を実現する施設です。

認定こども園の制度は2006年に開始しました。その背景には、共働き家庭の増加によって保育園の入園希望者が増え、待機児童問題が深刻になったことが関わっています。幼稚園と保育園の要素をあわせ持つ認定こども園を登場させることで、すでにある施設を有効的に活用して時代に合わせた保育・教育の実現を目指しています。[S1] 

認定こども園の種類

認定こども園には、以下の4種類があります。

  • 幼保連携型
  • 幼稚園型
  • 保育所型
  • 地方裁量型

ここからは、それぞれの種類について詳しく説明していきます。

幼保連携型

幼保連携型は、幼稚園と保育園の機能を兼ね備えた単一の施設として、認定こども園としての役割を果たすタイプです。進学後もスムーズに教育を受けられるように、小学校と積極的に連携をとって児童との交流などを行います。[S2] 

幼稚園型

幼稚園型は、もともと認可幼稚園として機能していた施設が認定こども園として運営されているタイプです。幼稚園に保育園的な機能が追加され、長時間保育や0歳からの預かりが可能になります。[S3] 

保育所型

保育所型は、もともと認可保育所として機能していた施設が認定こども園として運営されているタイプです。保育園に幼稚園的な役割が加わり、保育だけでなく幼児教育にも取り組んでいます。[S4] 

地方裁量型

幼稚園・保育園どちらの認可も受けていない施設が新たに認定こども園として機能しているタイプを、地方裁量型といいます。さまざまな施設を有効活用することで、待機児童問題の解消を目指しています。[S5] 

認定こども園の5つのメリット

ここからは、認定こども園のメリットを保育園・幼稚園との違いとともに説明していきます。

保護者の状況が変わっても、同じ園に通い続けられる

認定こども園では、保護者の事情に関わらず同じ園に通い続けられます。保育園は保護者の仕事などで保育を必要とするお子様を対象とする施設であるため、保護者が離職した場合など、状況の変化に応じて退園・転園する必要があります。

しかし認定こども園は保護者が働いている・いないにかかわらず入園できるので、在園途中で保護者の離職などによる退園・転園の必要がありません。したがってお子様は慣れ親しんだ場所で、仲良しのお友達と一緒に卒園まで快適に過ごせます。[S6] 

給食が出る

認定こども園では、基本的に給食が用意されています。保育園(認可)では給食の提供が義務付けられているのに対し、幼稚園では義務付けられていないため、お弁当の持参が必要な場合もありました。しかし認定こども園の多くはすべての園児に給食が出るため、昼食準備の手間を省けます。[S7] 

幼児教育を受けられる

認定こども園は保育だけでなく教育も目的としているので、読み書きや計算などさまざまな幼児教育を受けられます。幼児の保育を目的とした保育園とは異なり、小学校入学前の学習をサポートしてもらえるのは嬉しいですね。[S8] 

異なる年齢の子どもと交流できる

多くの認定こども園では、縦割り教育が行われているので異なる年齢の子ども同士で交流できる点もメリットです。保育園や幼稚園では同じ年齢のクラスごとでの活動が多いですが、認定こども園では幅広い年齢の子どもが遊びや活動を通して交流できます。[S9] 

<h3>多様な家庭と出会える</h3>

認定こども園では、多様な家庭のママ・パパと交流できます。幼稚園と保育園の機能を兼ね備えた認定こども園には、共働き世帯や専業主婦など、さまざまな層の保護者が集まります。価値観やライフスタイルの異なる人たちとの交流や情報交換は、育児にも良い刺激となるでしょう。[S10] 

認定こども園の注意点

ここからは、認定こども園の注意点についてご紹介します。

<h3>私立or公立、教育内容で費用に差がある</h3>

ひと口に認定こども園といっても、私立か公立かによって保育料に差があります。また園の教育内容や行事・地域によっても費用は異なりますので、お近くの認定こども園でかかる費用については事前にしっかり確認しておきましょう。[S11] 

長期休暇の扱いが異なる

正月休みなど長期休暇の扱いについては、園によって対応が異なります。保育園のように1年を通して保育してもらえる所もあれば、幼稚園のように夏休みなどを設定している園もある点に注意が必要です。

まとめ

今回は認定こども園の種類や特徴についてご紹介してきました。保育園と幼稚園の機能を兼ね備えた認定こども園は、今後も拡大が期待されています。

「バディスポーツ幼児園」は、保育園と幼稚園の特徴をあわせ持つ認可外保育施設です。豊かな保育と教育を提供する中で、とくにスポーツを通じた幼児教育を行っています。心身ともに著しく成長する幼児期にスポーツをすることで、粘り強くやりきる強さや思いやり、励まし合いの気持ちといった生きる力を育みます。

また野外体験活動やサマーキャンプ、自然教室などを開催し自然とふれあうことで、お子さんの豊かな感性を伸ばしていきます。

幼稚園・保育園・スポーツ教室・野外体験活動・水泳教室の要素が一体となったバディスポーツ幼児園に興味がある方は、ぜひ一度体験に足を運んでみてください。

※「スポーツ幼児園」は、バディスポーツ幼児園グループの登録商標です。

前の記事

保育園と幼稚園の違いは?