保育園と幼稚園の違いは?

保育園と幼稚園の違いとは?それぞれのメリット・注意点をご紹介

「保育園と幼稚園は何が違うの?」「学力に差は出る?」「費用の違いは?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。保育園と幼稚園にはそれぞれメリットや注意点があるので、慎重に選ぶ必要があります。

今回は、保育園と幼稚園の違いやメリット・注意点をご紹介します。お子さんをどちらに通わせればよいか迷われている方は、ぜひご参考になさってください。

保育園と幼稚園の違いは?

保育園・幼稚園はともに、国が定める設置基準認を満たして、都道府県知事に認可された認可保育所です。国に認可されていない施設の場合、保育園や幼稚園と名乗ることはできず、すべて認可外保育施設になります。

例外として内閣府の管轄する「企業主導型保育施設」のみ、認可外保育施設でありながら「保育園」と名乗ることを認められています。

まずは保育園と幼稚園それぞれの特徴を説明したうえで、違いについてご紹介します。

保育園とは

保育園は厚生労働省の管轄で、保護者が仕事などで忙しい場合に代わりとして保育を行う施設です。

保育対象は0歳~小学校入学前までの子どもで、基本的に1年を通して預かってもらえます。また、保育時間は朝7時半頃~午後6時頃までと長く、延長保育などにも対応しています。

保育園(認可)の場合、給食の提供が義務付けられているので、栄養バランスに配慮された給食を用意してもらえます。一方、認可外保育施設の場合、調理室がない園ではお弁当持参や、の委託給食(外注)が認められています。[S1] 

幼稚園とは

幼稚園は小学校に入学するまでの子どもの「教育」を目的とする施設で、文部科学省の管轄です。幼稚園に通う年齢は3歳~小学校入学前までとなり、3学年制の園と2学年制の園があります。

幼稚園では、簡単な読み書きや計算などを学びます。それに加えて英語教育やスポーツ、音楽教育などを積極的に実践する幼稚園も増えています。教育内容は園ごとに特徴が異なりますので、入園前によく確認しておきましょう。

幼稚園の教育時間は4時間が標準(幼稚園教育要領:文部科学省)となっており、概ね午前中~昼過ぎまでとなっていることが多く、保育園よりも短いのが特徴です。また給食の提供は義務ではないため、園によってはお弁当の持参が必要になる場合もあります。[S2] 

保育園と幼稚園の違い

保育園と幼稚園の違いは、主に以下の表の通りです。[S3] 

 保育園(お家の代わり)幼稚園(学校)
管轄厚生労働省文部科学省
根拠となる法律児童福祉法学校教育法
目的保育教育
対象年齢0歳~小学校入学前満3歳~小学校入学前
入園条件「保育の必要性」に関する認定が必要基本的に無し
保育時間8~11時間4時間ほど
費用保護者の所得に応じて自治体が設定私立:設置者が設定 公立:自治体が設定
給食【保育園(認可)】 義務 【認可外保育施設】 お弁当持参、もしくは仕出し弁当園による
先生の免許保育士資格証明書(親代わり)幼稚園教諭免許状(学校の先生)
保育園と幼稚園の違い一覧

保育園は保護者に代わって子どもを保育することを目的とするため、入園に際しては保育の必要性を証明する認定が必要です。一方で幼稚園の場合は、入園のための条件はとくにありません。

また費用に関しても、保育園では保護者の所得に応じて世帯ごとに変動するのに対し、幼稚園ではどの世帯でも一律で設定されます。

保育園のメリット・注意点

ここからは、保育園のメリットや注意点についてご紹介します。

保育園のメリット

保育園のメリットは、主に以下の通りです。

保育園は0歳の乳児から対象としており、保護者の就労時間に応じて8時間~11時間の保育が可能です。また夏休みなどの長期休暇が無いため、共働きをされている家庭でも安心です。

さらに保育園(認可)の場合、給食の提供が義務付けられているため、栄養バランスのとれたお昼ご飯を用意してもらえます。

また乳幼児から預けることで、多くの方が苦労する「トイレトレーニング」なども、子どものプロである保育士にサポートしてもらえます。このように育児の苦労を軽減できる点でも、保育園は大きな役割を果たしていると言えるでしょう。[S4] 

保育園の注意点

一方で、保育園には以下のような注意点もあります。

待機児童の問題があるように、地域によってはひとつの保育園に入園希望者が殺到して入園したくてもできない場合があります。また保育園は、保護者の仕事などの理由で保育の必要性がある場合に入園できる施設なので、基本的には保護者が離職すれば入園を続けることができません。

保育園は登園時間・お迎えの時間が家庭によって異なるため、ご家庭によっては、他のママ・パパと接する機会が少ないのが情報交換の観点からは考慮点として挙げられます。[S5] 

幼稚園のメリット・注意点

ここからは、幼稚園のメリットと注意点についてご紹介します。

幼稚園のメリット

幼稚園のメリットは以下の通りです。

幼稚園は「教育」を目的とする施設のため、読み書きや計算などを学べる点がメリットです。就学前からこうした学習をしておくことで、小学校に入学した後も勉強をスムーズに進められるでしょう。

また保育園よりも保育時間が短いので、家庭での親子の時間を長めに確保しやすい点もメリットとして挙げられます。子どもに習い事をさせたい方にも、退園後の時間に余裕がある幼稚園がおすすめです。[S6] 

幼稚園の注意点

一方で、幼稚園には以下のような注意点もあります。

幼稚園ではバザーや遠足、運動会など、さまざまな行事が開催されます。こうした行事では保護者に準備の負担がかかるうえ、平日も必要に応じて参加することになる点に注意が必要です。

また幼稚園は基本的に保育時間が短く、給食の提供も義務ではありません。したがって延長保育や給食には追加費用が必要になる場合もあります。事前に、希望する幼稚園によく確認するようにしましょう。[S7] 

まとめ

今回は保育園と幼稚園の違いについてご紹介しました。保育園と幼稚園は目的の違いによって、提供されるサービスが異なります。

「バディスポーツ幼児園」は、保育園と幼稚園の特徴をあわせ持つ認可外保育施設です。豊かな保育と教育を提供する中で、とくにスポーツや野外活動を通じた幼児教育に力を入れています。心身ともに著しく成長する幼児期にスポーツや体験学習を行うことで、粘り強くやりきる強さや思いやり、励まし合いの気持ちといった生きる力を育みます。

また野外体験活動やサマーキャンプ、自然教室などを実施し自然とふれあうことで、子どもの豊かな感性を伸ばしていきます。

幼稚園・保育園・スポーツ教室・野外体験活動・水泳教室の要素が一体となったバディスポーツ幼児園に興味がある方は、ぜひ一度体験に足を運んでみてください。

※「スポーツ幼児園」は、バディスポーツ幼児園グループの登録商標です

前の記事

幼児園とはどんな施設?

次の記事

認定こども園とは?